なんばパークスシネマ

MENU

お知らせ

2021.11.12 イベント


クリント・イーストウッド監督50周年記念作品『クライ・マッチョ』公開記念 特別上映決定!

監督デビュー50周年作品『クライ・マッチョ』の公開を記念して、イーストウッドが手掛けた名作の再上映が決定。 特別上映には、『許されざる者』『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』の3作品がラインナップ。 さらに、各作品の上映前には、イーストウッドの長年の功績を辿るドキュメンタリー「クリント・イーストウッド:シネマティック・レガシー」から、各作品それぞれの舞台裏をとらえたエピソードが同時上映される。

クリント・イーストウッド監督50周年記念作品『クライ・マッチョ』公開記念 特別上映決定!

◆上映概要

上映劇場/東京:新宿ピカデリー、大阪:なんばパークスシネマ
上映期間/12月24日(金)~1月13日(木)
上映作品/
「シネマティック・レガシー A Director’s Vision」(2021)【約18分】
『許されざる者』 (1992)

「シネマティック・レガシー Triple Threat」(2021)【約17分】
『グラン・トリノ』 (2008)

「シネマティック・レガシー The Heart of a Hero」(2021)【約15分】
『アメリカン・スナイパー』(2014)

◆作品詳細

■『許されざる者』(1992)PG12
クリント・イーストウッドが、師匠であるセルジオ・レオーネ監督とドン・シーゲル監督に捧げた異色西部劇。1870年代の米ワイオミング。かつては無法者として悪名を轟かせたウィリアム・マニーだったが、今は若い妻に先立たれ、2人の幼い子どもとともに貧しい農夫として静かに暮らしていた。そこに若いガンマン、キッドが立ち寄り、賞金稼ぎの話を持ちかける。共演にジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン、リチャード・ハリス。92年度のアカデミー賞では作品、監督を含む4部門を受賞した。

■『グラン・トリノ』(2008)
朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車“グラン・トリノ”や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。そんな彼の隣家にモン族の少年タオの一家が越してくる。ある事件をきっかけにして心を通わせ始めたウォルトとタオだったが、タオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始め……。

■『アメリカン・スナイパー』(2014)R15+
米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、「レジェンド」の異名をとる。しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、そのジレンマに苦しみながら、2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、ぬぐえない心の傷に苦しむことになる。イーストウッド監督とは初タッグのブラッドリー・クーパーが、主演兼プロデューサーを務めた。

クリント・イーストウッド監督50周年記念作品『クライ・マッチョ』公開記念 特別上映決定! © 1992 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved./© 2009 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved./© 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

◆来場者特典

「監督デビュー50周年アニバーサリーステッカー」

※数量限定につき、無くなり次第配布終了となります。

◆1月14日(金)公開『クライ・マッチョ』

半世紀以上にわたり一線で活躍を続ける名優にして、『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』で監督として 2 度のアカデミー賞®に輝いたクリント・イーストウッド。
その輝かしいキャリアと偉業を通して、多くの生涯功労賞を受賞し、映画界では生きる伝説となっている。
監督デビューから 50 年、40 作目となるアニバーサリー作品『クライ・マッチョ』は、彼が監督・主演を務める新たなマスターピースだ。
落ちぶれた元カウボーイと少年の旅を通して語られる人生とは―。喜びや悲しみを背負い、なお人生を歩み続ける。
生きる上で必要な[強さ]とは何かを温かく、時にユーモラスに時に切なく語りかける。
40 年前から検討されていた原作の映画化に、イーストウッドが満を持して向き合った本作は、まさに彼の集大成にして新境地。2022 年の年明けは、この感動から始まる!

クリント・イーストウッド監督50周年記念作品『クライ・マッチョ』公開記念 特別上映決定! © 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
関連リンク

『クライ・マッチョ』公式HPはこちら

お知らせ一覧へ戻る
劇場TOPへ戻る
[PR]
[PR]

▲ページ上部へ戻る